レジ袋について

最近のエコブームのおかげで、買い物の際はエコバックを持参する方も多くなってきました。それもそのはず。多くのスーパーなどではレジ袋でお金を取るようになったからです。ほんの数分ですが塵も積もればなんとやら。5円の出費は将来的には家計を圧迫することになるでしょう。
レジ袋の年間消費量がどれぐらいなのかをお伝えしましょう。一週間で5枚のレジ袋を使用したとしましょう。年間で250枚にもなります。さらに日本国民を掛けると、日本国内だけでも年間250億枚も使っている計算になります。レジ袋の原価は通常のサイズで約3円〜5円です。そのため、レジ袋だけで1250億円もの金額が動いていることになります。
なぜレジ袋にお金を取ることになったのか、多くの方が疑問に思われていることでしょう。この疑問について答えていきたいと思います。これには大きく分けて二種類の分類がされるかと思います。一つはレジ袋からなる赤字部分を、お客様に負担してもらうことを狙いとしていることです。レジ袋にはお金がかかっていますのでそれはもちろんスーパーが負担しています。しかしスーパーはそれによって赤字になっているわけですね。
スーパーの系列によっては、エコバッグを持参すれば、逆に2円〜5円のお金が合計額から引かれる。キャッシュバックされる系列も存在するのです。これらの系列はお金のためにレジ袋を有料化しているとは考えずらいですね。それでは一体どうしてレジ袋が有料となったのでしょうか。あらゆる場所で有料となりますのでその理由についてこうさせていきたいと思います。それは恐らく環境保護への姿勢でしょうね。年間250億枚を製造するとなれば、地球の限りある資源はどんどん少なくなっていきます。レジ袋有料にすることによって、人々の環境への意識が高まっていくのです。それが狙いですよね。